FXトレード

FXスキャルピング手法の勝ち方やルール、コツなど

FX のスキャルピングトレード手法について

 

FX のトレード方法にはたくさんのやり方があります、その中でもスキャルピングという手法は非常に短い時間の中でトレードを繰り返し行う手法になっています
私は10年間のトレードはスキャルピングのみです、デイトレやスイングはやりません、理由は長期保有のリスクを避けるためです
長い時間軸も短い時間軸でやる方法もトレード自体の難しさはどちらも変わりませんが瞬間的な判断力や頻繁なパソコン操作がある分スキャルピングの方が難しいというよりは忙しいという表現があてはまります

 

何種類かある私のスキャルピング手法のうちの1つを紹介します 基本部分です

私のFXのスキャルピング手法 順張りスキャルピング

通貨はポンド円を使用、損小利大を基本としたトレンド発生を利用したスキャルピング手法

 

ルール

  • 日足、4時間足、1時間足、5分足がすべて同じトレンド方向に揃っていること

 アップトレンド定義 ボリンジャーバンドの+2σのラインタッチとする
 ダウントレンド定義 ボリンジャーバンドの-2σのラインタッチとする

     

  • アップトレンド時、1分足ボリンジャーバンドの+2σのラインタッチでエントリーイン、-2σのラインタッチでアウト
  • アップトレンド時、1分足ボリンジャーバンドの-2σのラインタッチでエントリーインの1分足逆張りインのバージョンもある

ストップロス、損切り、トレードアウト

  • 通常時、−10PIPS  ボラティリティ大きい時、15PIPS 設定 
  • トレードアウト ボリンジャーバンドの-2σのラインタッチでアウト

 

順張りのFXスキャルピングでの勝ち方、勝ちパターン、勝ちきるには

  • 自分で決めたトレードルールを守ることは大前提として、損切りをきっちり行い、大きなトレンドが発生しないと勝ちきれない順張りのスキャルピング手法となってますので
  • トレンドが発生したときはきっちり取り切ることがとても大事です、トレンドの途中で取り切る前にもう十分だろうと勝手な自分の判断での利確は厳禁です
    • 100PIP以上の一方的なトレンドが発生したらその日はほぼ勝ち確定です、さらに2波、3波が出ればきっちり取りに行きます

メリットデメリット

  • 日足、4時間足、1時間足がすべて同じトレンド方向に揃うまで待つためトレード回数が少なくなる
  • 小さい損切りが多いので慣れるまで不安になる
  • トレンドに乗ると大きくとれる(100PIPS以上取れることも結構ある)

FXスキャルピングのコツや注意点など

  • 短い時間軸でやるといっても基本的なトレンドに沿ったトレードを基本にする部分は大事で長期足のトレンドに沿ったトレードを心がけることが必要になります
  • その中でも日足のトレンドの流れが非常に重要になります、そして次に4時間足を見て1時間足15分足5分足最後に1分足のトレンドの流れを見ます、基本的に日足、4時間足、1時間足、、5分足のトレンドが揃っていれば1分足のトレンドはさほど気にしなくて、1分足レベルでの順張りと逆張りを使ってます
  • 日足4時間足1時間足15分足のトレンドを揃ってる場合は1分足で順張りであろうが逆張り逆張りであろうがさほど気にせずに利益を取ることができるでしょう
  • ただこの時に注意しなければならないのは自分のルールを守るということです5分足のトレンドが崩れた時に大丈夫だろうといつまでもスキャルピングを行ってると負けが増えてしまう可能性がとても高くなります
    • なのでコツは5分足のトレンドが崩れたらスキャルをすぐにやめる、ふたたびトレンドが各時間足で揃ったらトレードを再開するということです

まとめ

  • 上記は実際に私が行っている何種類かあるFXのスキャルピング手法のうちの一つで、基本部分だけなのでもっと細かいルール設定はあることはあるのですが、あまりに細かすぎてすべての人に当てはまることではなく私独自に当てはまることは書いてありません。
  • 例えば大きな経済指標発表(例えばわかりやすく、雇用統計)が今日あるとして、私の個人的な考えでは指標の数値は発表前に事前に漏れていると思ってますが、数値が発表前に漏れるってことはあってはならないことですし、事前に漏れているという証拠も私は持ってません、あくまでもチャート上での憶測で漏れているのでは?と、いわば人によっては妄想だよと笑われてしまいますので、そういった個人的な部分は今回ルールから省いてありますが上記ルールで十分勝てますし問題はないです
  • ただし相場はテクニカルで動くわけではなくファンダメンタルが出て動くわけなのでテクニカル至上主義の思い違いをしないように注意が必要です、日足、4時間足、1時間足、5分足のトレンドが揃っているテクニカル的にいわゆるパーフェクトオーダーと言われる状態であっても必ず勝てるわけではなく、あくまでも勝ちやすい状況下に価格が滞在してるだけという環境認識のもと勝ちやすい状況下でどう優位にトレードを行うか、どうスキャルピングで勝ち切るかを考えてトレードを冷静に(これがなかなか出来ないんですけどね)行っていくことが必要です

 

FXスキャルピングについて
  • なぜスキャルピングか? 理由はいくつかありますがまず、私の場合持越し玉を持たないというのは精神衛生上とても良い!これがとても大きいです
  • 長期トレードを行ってた時期もありましたが大きなロットで保有してると私の場合日常生活で気になってしまってました、それこそ食事中も気になってご飯を美味しくいただくことが出来なかったり、寝てる時も相場が夢に出てくることも良くあったので胃痛などで体を壊してしまいました、スキャルピングに変えてからはそういったことは一切無くなったので良かったです

 

FXスキャルピング手法
  • 今はネット上で検索すれば色々なFXスキャルピング手法を探すことが出来ます、一見それらしいことが書いてあるので勝てそうな気がしますが実際にやってみると使い物にならないものがほとんどだということがわかります、なのでネットに出てる情報でスキャルピングをやってみたけどまったく勝てなかった、良くてチョイ勝ちかチョイ負けまたはチャラくらいという人がほぼ100パーセントだと思います
  • なぜそんなことになってしまうかというとまず、ネットで情報を出している人がそもそもスキャルパーやトレーダーでは無くバーチャルな憶測での文章だからです、そういった情報でトレードをしても勝つことは難しいと思います、ではネットの情報がだめなら自己流でやってみようという人もいると思います、まだこちらの考え方のほうがわずかに勝てる確率は上がると思います(実際は残念ですがほとんど勝てないと思いますが)

 

FXスキャルピングの勝ち方
  • ではトレードで勝ち目は無いのかというと、わずかですが可能性はありますので(統計的には1-2パーセント位?)わずか数パーセントの確立を目指して頑張るしかないわけです、大前提としてネット上の情報では勝てないことをきちんと理解したうえでトレードに取り組まなければなりません
  • もちろんたまに勝てるときもあります、それはたまたま自分のやり方や手法が相場とマッチしただけでほとんどが偶然の一致のようなものですから少し勝てたからと言って安易に仕事を辞めて専業トレーダーになろうと思うことは危険です、最低2年間勝ち続けられたら考えた方がいいと思います
  • ではFXのスキャルピングは勝てないのか?勝てる手法、勝ち方はないのか?ですがわずかにあります、まず勝つために基本をどこに置くかを考えます、ブレない軸を作る、とかっこよく言いたいのですが実際に相場では不確定要素が多すぎるので確固たる軸になるものを作ることは難しいです、なので、心のよりどころのようなものと私は考えてます、私の心のよりどころは 1、トレンドは発生する 2、高いものは安くなり安いものは高くなる この二点です 1は順張りに必要なことで2は逆張りに必要です 不確定要素が多い相場で確固たる軸になるものが作れないので自分自身の気持ちや考えがブレないように1と2を心のよりどころとしています

 

FXスキャルピングのコツ
  • スキャルピングのコツは1度決めたトレードルールでひたすらトレードを繰り返すことです、何回も繰り返しトレードを行っていくと自分で決めたトレードルールの長所と欠点が見えてきます
  • そうしたら欠点は修正できる点は修正しますが修正できない部分はそのまま受け入れます、長所と欠点を合わせて利益が残るトレードが出来ればOKです、毎日のトレードの中で少しずつ少しずつ修正していって自分のオリジナルのトレードを完成させます、チャートを見て体が無意識に反応するくらいのレベルまで自分が決めたルールでひたすらスキャルピングを繰り返すことがコツです

 

 

 

 

FX においてトレードのスキャルピングの勝ち方は簡単に言えばトレンドにのるか逆張りで数ピプスかすめ取るかっていうことです、初心者の人はスキャルピング自体がわからないし、すぐわからないスキャルピングの中で勝ち方をわかろうとしても無理な話です、よく言われるのが負けないトレードしようという風にネットの中では言われることが多いんですけれども負けないトレードをしたところ勝てません、勝てるトレードを追求しなければならないってことです、ネットに書かれてることを鵜呑みにしてしまうといつまでたっても勝つことができません、勝つトレードを覚えるということを第一優先にしてトレードをトレードのルールを確立することを ことが重要ですね、負けないトレードするっていう言葉はスプレッドぶんだけジリジリ負けていくということになりますので結果やればやるほど尻すぼみになっていきます、そうゆうことはやってはいけませんスキャルピングの勝ち方は自分で決めたルールをとにかく守ってそのトレードだけ1ヶ月を2ヶ月やり尽くしてやり続けることが重要になります、この時にデモトレードで行うことは推奨できません、どんな少額であってもきちんとお金を運用するということが重要になります、なぜかと言うと心理的なメンタル部分での負担が全く違ってくるからです、スキャルピングで勝ち方、トレードルールを確立したいと思うんであれば少額でもいいから本当に少額でもいいので運用しながらルールを覚えることが重要になります、 FX のスキャルピングで勝つ方法を見つけるというのは容易ではないんですけれども損小利大を目指すのか、逆張りでのトレードを目指すのか、金額の増減で利益を積み重ねることを目指すのか、その人のやり方スタイル次第だと思います、ただ個人的に思うのは金額を負けたら負けたぶん増やしていくっていうのは心理的負担が大きいのでお勧めできません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、小型PCといってもいいタブレット端末やスマホを使い、自由にFX投資をする人々が増加中です。なにしろ帰宅してPCの前に座ってそれからチャートを呼び出してなどという手順は踏まずに済み、場所と時間を選ばないのが最大の長所でしょう。スマホで使えるチャートアプリなどもかなりよいものが出てきていますので、あまり経験のない人でも取引は容易に行えるようです。将来はより一層、もち歩けるスマホやタブレットをFX投資に使う人々は増加していくばかりでしょう。FX投資では自分の勘を根拠にしていると継続的に利益を上げるのはむずかしいので、地道にチャート分析能力をあげるなどスキルアップは必要です。より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、探して使ってみて、売り買いにベストなタイミングを導き出すとよいです。その上で、チャートのパターン、分析方法などの色々な戦略的テクニックについても、あらましを知っておくのがお勧めです。数多くあるFX業者ですが、ほぼすべての業者はそれぞれ実際の取引と同じ画面で疑似体験できるデモトレードを設置していますので、使ってみることを強くお勧めします。バーチャルトレードですからどう転んでもまったく損をするりゆうではないですし、デモトレードを行うことで実際の取引に使うツールのフィーリングもしることができます。深謀遠慮しないうちに大事な手もち金を使って本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにもむこう見ずですから、手順ややり方にある程度慣れるまでデモトレードでのバーチャル取引で基本のテクニックを磨きましょう。FX投資に限らないのですが投資の世界においては、損切りやロスカットともいわれる方法は大変重要視されています。トレーダーとして投資をつづけていて、利益のみうけられるりゆうはなく、損は必ず被ることになります。どうしても出てしまう損失ですがそれをどの程度に止めることができるかはトレイダーとして投資にむき合いつづけられるかどうかというところで大切なポイントとなるはずです。損失を小さくするためには、ぜひ自分なりの損切りルールをつくり、それは生命線と言ってもいい大事なルールですので必ず曲げたりせず徹底して守ってちょーだい。スマホやタブレット端末といったモバイル機器で行なうFX投資の人気が高まってきており、業者によるFX用アプリの提供も同様に増加中です。そんな業者の中には、自社提供のFXアプリ使用でFX投資をスタートすることで、キャッシュバックなどのメリットを享受できる期間限定キャンペーンを行っていることがあります。口コミの意見を調べたり実際に使ってみてあれこれ存分にくらべ、見やすい、スムーズに使用できるなど感覚の合うアプリを探してみると良いでしょう。

 

FX投資の人気の所以の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、日本の時間にすると21時頃からAM2時のあたりに相場が動き取引が活況となりやすいです。時間帯とは別に、経済指標の発表特にアメリカの雇用統計、各国のGDPなどの発表の後には為替相場が大聞く変動することがあり、相当の注意を払っておくべきです。いくつかの経済指標発表の日程については押さえておきましょう。数多くあるFX業者ですが、ほぼすべての業者はそれぞれ実際の取引と同じ画面で疑似体験できるデモトレードを設置していますので、必ず一度は試用してみるべきです。実際の取引同様のデモトレードですが、バーチャル取引ですからどんなミスがあっても損得は関係ありませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚をしることが可能です。あまり性急に手持ち金を使ってFX投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。増えすぎたふくみ損が、それが許容されている基準を超えてしまうと、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行なう上での重要なルールです。一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまってますが、強制ロスカットが行なわれる前にはそれを知らせるマージンコールが発生するので不足分の証拠金を追加で入金すると強制的な決済を回避することも可能です。注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものは使うFX会社ごとに異なるので注意が必要です。スマホ全盛でタブレットの人気も高い昨今、こういったデバイスでFX投資をする人はすさまじく増えてきており、FX投資用アプリのリリースを行なう業者もすさまじく多くなってきたようです。それらの内いくつかの業者は、自社の提供するFX投資用アプリを使ってFX取引を行なうことを条件として、なんらかのメリットを受けられるキャンペーンを展開している所も出てきました。ネット上の評判を捜してみたり、また実際に自分で試してみるなどしてあれこれ存分に比べ、自分に合うアプリを捜してみるとよいでしょう。FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼ると継続的に利益を上げるのは難しいので、チャートを読み解く分析力は必要です。機能が高く見やすいチャートソフトもいろいろ出てますしアプリも豊富ですので、自分に合ったものを見つけて、いつどのように売買を行なうかを導き出すとよいです。それだけでなく、チャートの分析に関する有用なテクニックは数多くありますのでそれらも概要をつかんでおくことは決して無駄にはなりません。

 

一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、沿うはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、日本の時間にすると21時頃からAM2時のあたりに活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で大きな為替相場の変動があったりするので、これは要注意です。いくつかの経済指標発表の日程については頭に入れておくといいですよ。スマホやタブレット端末といったモバイルデバイスを操ってFX投資に時間を使う人も相当増えてきたようです。PCをわざわざ立ち上げて取引をはじめるよりもはるかに容易で、時と場所に縛られることなくおこなえるのが大きなメリットです。スマホで使える便利アプリもどんどん増えてきてますし、FXははじめたばかり、という人でもすぐ取引をおこなえるようになります。これ以降はさらに一層、スマートフォンやタブレット端末を使って自在にFXをする人は増加していくばかりでしょう。強制ロスカットというものがFXにはあります。たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX業者による強制的な決済がおこなわれるのです。ただし、強制的なロスカットがおこなわれる水準に近づくとマージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、証拠金を追加で入金すれば強制的な決済を回避することも可能です。この強制ロスカットのおこなわれる基準となる証拠金維持率ですが、利用するFX会社ごとに異なるので注意が必要です。多くのFX業者はFX取引をはじめたい人のためにFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは是非とも使っておくのが良いです。バーチャルトレードですからどう転んでも絶対に損が出ることはありませんし、デモトレードをおこなうことで実際の取引に使うツールのフィーリングもしることができます。深謀遠慮しないうちに大切な手持ち金を使って本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにもむこう見ずですから、取引のあらましを理解できるようになるまでデモトレードでのバーチャル取引で基本のテクニックを磨きましょう。FX投資のやりかたのひとつとしてその中でもサヤ取りという手段があります。サヤ取りは相関性の高い通貨ペアの値幅が開いた時を見計らって、割高なほうを売り、割安なほうを買うことで儲けを出すという方法です。サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが馴染むまではどちらの手法も利益は見込めないかもしれません。とにもかくにも、システムとオーダーの出し方を頭に入れておきましょう。

 

FX投資はFX業者に口座を開設してはじめますから、まずは色々なFX業者を比較してみて、自分が投資できる額や投資法に適した会社をじっくり選びましょう。どの業者にするかで手にできる利益も変わってくるでしょうから、軽々しく決めないでおきましょう。FX業者は手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、少額投資が可能になる最低取引単位が小さい業者が使いやすいかも知れません。そして、実際の取引に使うツールの操作性なども口コミの評判を読んだりデモ取引をしたりいろいろ体験してみるのがわかりやすいはずです。FX投資に限らないのですが投資の世界においては、損切りという手法はとても大事です。投資をしていれば否応なしにわかることですが、絶対損しないということはあり得ずむ知ろ損失は必ず起こります。損失はどうしても起こるのですがそれをどの程度に抑えられるかはこの先もFX投資を続けて利益を出していくつもりなら相当重大な問題となってくるといっていいでしょう。ダメージを最小限にするために、自分で損切りルールを決め、それは生命線と言ってもいい大事なルールですので必ず曲げたりせず徹底して守ってちょうだい。FX投資にはいろいろな方法がありますが、その中でも「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。サヤ取りの仕組みは、関連性のある二つの通貨ペアの値段に幅が出来た際、それぞれを有利な条件で売買することで利潤を期待するという考え方です。スワップ金利を利用してサヤ取りをする投資家も存在しますが要領が分からないうちはどちらも利益を得るのは困難といえると思います。何はともあれ、仕組みとオーダーの方法をインプットしましょう。FX投資をスマホやタブレット端末でやる人が相当多くなってきて、それに対応してFX関連アプリをリリースする業者もかなり多くなってきたようです。沿ういう業者のうちいくつかは、自社のFXアプリを使用してFX取引を行なうようにすると、特典を手にできるようなキャンペーンを実施するところも出てきています。インターネット上の評判を探してみたり、また実際に自分で試してみるなどしてじゅうぶん比較検討し、自分なりに使いやすいアプリを探してみるといいでしょう。数十社ほどもあるFX業者のその大方はFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは必ず使用してみることです。あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと損得は関係ありませんし、その業者の取引ツール自体の操作に慣れる事が出来ます。手もちの大事なお金をやみくもに投入して本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにも向こう見ずですから、取引のあらましを理解できるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。